「 智慧 」一覧

瞑想ををして何になるのか

瞑想ををして何になるのか

“座禅をしたって何にもならない“と澤木老師が言ったそうだ。確かにそうだろう。でも何か一歩進めることはできないだろうか?諦めず神通力にも頼らず、何かわたしのできることを探る。瞑想による変化と真実を考える。

自分とは何か?について考える

自分とは何か?について考える

自分とは何か?について考える >>これまで、モヤモヤっとしたわたしであっても、身体を預け、自分の拠り所に落ち着けば、何かわたしではないわたしが起き上がる。これが、リリーフピッチャーによる選手交代である。これが起きれば、それまで自分がライフシフトとする。

いのちの働き 内なるチカラ

いのちの働き 内なるチカラ

わたしが嵐の中にあるとき、犯人探しが始まる・・悪いのはあいつだと。でもその嵐の中にあっても、そんなどうしようもない状態においても、なぜかチカラが生まれる。そうか、生命の根源とも言えるいのちの働きは、常に内なるチカラを与えてくれていたんだ。

こどくの苦しみの中で

こどくの苦しみの中で

苦しみの生活の中で、誰もわたしのことはわかってくれないと、でも何処かで神は見ていてくれ私のことを証明してくれるはずだと、でもいつまで経っても神は訪れない。でも神は内にいる。そして、この神に体の内でいちばん知って欲しいのは、コアの部分のわたしであったのだ。

「自分の存在価値は何か?」という問い

「自分の存在価値は何か?」という問い

自分の存在価値は何だろう?自分が生きる意味はあるのか?誰もがこの命題(テーゼ)を持ちながら生きている。でも、日々の仕事ではこの問いに答えられない。働くことこそが,唯一人間が持つ命題(テーゼ)である存在価値を明確にする手段なのだ。この答えに問いをかける

智慧の泉は枯れない

智慧の泉は枯れない

どこに智慧の泉はあるのか,それを求めて人は苦しむ。それは自己の問題が明確になっていないから,問題が明確になっていれば,自分の持つ俺のAIはその問題から腑に落ちる回答を導き出す。そのスイッチはどこにあるのか?そこに関係するルーティンを考える。

脳の成長とは

脳の成長とは

人生の目標は 何かの成長ではなく 自己の脳を成長させること どんなに科学が進歩しようとも 世の中の誰かの脳の変容はわからない 全ての真実は 自己の内のみに起こること

自分との和解

自分との和解

アタマで“あーだ“の“こーだ“の,いつも思考を巡らせる日々。何とかならないものかと苦闘する苦闘した挙句に絶望したこともあったでしょう。苦悩の崖にあっても,意識の本質を理解することにより,自分との和解をするには。 あなたと共に考えます。