「 2022年01月 」一覧

変化を望まない身体と成長を望む意識

変化を望まない身体と成長を望む意識

成長とは、経験という努力を繰り返してして比例して現れるのではない。長い時間の停滞期を経て徐々に変化して、突然指数関数的に変化が現れ成果が実るのである。これをシンギュラーポイントという。ホメオスタシスを如何に味方につけるか。抵抗を超え あきるを越え、習慣となるかのこの線を考える。

感覚の不思議さ 

感覚の不思議さ 

身体の感覚、暑い、硬い、振動のようなモノさまざまに感覚を感じる。これは、一対である部位、右と左でも違う。当然、今とさっきでも今も違う。だから一所懸命に、今のこの感覚を観察する。変化する自分を実感すれば、心は最終的に落ち着く。これは何度やっても変わらない現実、それが感覚の不思議さである。

この異質な感覚の正体とは

この異質な感覚の正体とは

神社、地域、会社、国家さまざまに結界は存在している。わたしという存在でさえ、結界である。結界とは、集合体である。結界の内に入れば心地が良い。入るためには同調性が必要である。これに反するものは異端児となり排斥される。これがカンパニー:集合体の特徴である。これに異質な感覚の正体を見る。