ビギナーズマインド

ビギナーズマインド

何年も瞑想しているベテランであっても、初めて座るように瞑想をする。ビギナーズマインド、すべては初心に戻るこそにこそ現実はある

本当に怖いものは

本当に怖いものは

本当に怖いものは何か。コロナを経て私たち人類は知った。それは思考の作るイメージのれによって現実を見落とす。これが妄想を膨らますのだ。

古い記憶の活かし方

古い記憶の活かし方

過去の記憶とは、幾たびにも脳にくり返されてきた反応パターンである。こうして脳細胞には思考パターンが定着する。これが古い記憶である。

変化を望まない身体と成長を望む意識

変化を望まない身体と成長を望む意識

成長とは、経験という努力を繰り返してして比例して現れるのではない。長い時間の停滞期を経て徐々に変化して、突然指数関数的に変化が現れ成果が実るのである。これをシンギュラーポイントという。ホメオスタシスを如何に味方につけるか。抵抗を超え あきるを越え、習慣となるかのこの線を考える。

感覚の不思議さ 

感覚の不思議さ 

身体の感覚、暑い、硬い、振動のようなモノさまざまに感覚を感じる。これは、一対である部位、右と左でも違う。当然、今とさっきでも今も違う。だから一所懸命に、今のこの感覚を観察する。変化する自分を実感すれば、心は最終的に落ち着く。これは何度やっても変わらない現実、それが感覚の不思議さである。

この異質な感覚の正体とは

この異質な感覚の正体とは

神社、地域、会社、国家さまざまに結界は存在している。わたしという存在でさえ、結界である。結界とは、集合体である。結界の内に入れば心地が良い。入るためには同調性が必要である。これに反するものは異端児となり排斥される。これがカンパニー:集合体の特徴である。これに異質な感覚の正体を見る。

人生を楽しむこと

人生を楽しむこと

緊張とは、自己が自己を認識することで起きる緊張したくないと、自己が思えば思うほどに認識された自己が緊張を生む。でもこの自己がなければ人に成長は訪れない。これば自己の認識せずに成長がなくなる瞬間、何度やっても同じ結果となると諦めた瞬間、それが本当の意味での年寄りとなった時である。

実用的な瞑想を目指す

実用的な瞑想を目指す

感覚を探る旅。それは思考が作る世界にあって、暴風にも飛ばされずに感覚を探りつづけるには感覚を頼りに、注意を緩めず引きすぎず、決して注意を切らさずに感覚を実感しながら旅をする。これが瞑想を使った、内なる感覚を探る旅である。