痛みの縛り

痛みの縛り

痛みがこれほど思考を鈍らせるとは思わなかった。痛みとは、誰もが抱える問題である。それは誰も代わってあげられない。この本質を考える。

思考の罠

思考の罠

どれだけ嫌なことを忘れようとしても忘れられない。どれだけ嫌ったとしても避けられない。それが思考の罠である。

気づきの瞑想 サティ

気づきの瞑想 サティ

この世の出来事は無秩序である。これを脳があたかも秩序立っているように解釈しているだけである。それは、脳は理解できないことを嫌うからだ。

観自在菩薩をめざす

観自在菩薩をめざす

頭の中で繰り広げられる前頭葉によるドラマ、好き嫌いによる扁桃体の反応。いづれも止められないことをわたしは経験で知った。