無意識との和解

無意識との和解

わたしと私の心を支えている体の細胞は60兆個あるという。この体の内にある60兆個の細胞と対話するにはどうしたらいいのか。どんな状況か?苦しみはないか?もちろん回答はない。でも、体と心の和解をすることにより、知らず知らずに抱いてた苦しみからの脱却を目指す。その方法とは?

「自分の存在価値は何か?」という問い

「自分の存在価値は何か?」という問い

自分の存在価値は何だろう?自分が生きる意味はあるのか?誰もがこの命題(テーゼ)を持ちながら生きている。でも、日々の仕事ではこの問いに答えられない。働くことこそが,唯一人間が持つ命題(テーゼ)である存在価値を明確にする手段なのだ。この答えに問いをかける

智慧の泉は枯れない

智慧の泉は枯れない

どこに智慧の泉はあるのか,それを求めて人は苦しむ。それは自己の問題が明確になっていないから,問題が明確になっていれば,自分の持つ俺のAIはその問題から腑に落ちる回答を導き出す。そのスイッチはどこにあるのか?そこに関係するルーティンを考える。

脳の成長とは

脳の成長とは

人生の目標は 何かの成長ではなく 自己の脳を成長させること どんなに科学が進歩しようとも 世の中の誰かの脳の変容はわからない 全ての真実は 自己の内のみに起こること

自分との和解

自分との和解

アタマで“あーだ“の“こーだ“の,いつも思考を巡らせる日々。何とかならないものかと苦闘する苦闘した挙句に絶望したこともあったでしょう。苦悩の崖にあっても,意識の本質を理解することにより,自分との和解をするには。 あなたと共に考えます。

ようこそ!

ようこそ!

この今、この身体にもたらされるわたしの生は無限ではない。 だからこそ、この時この経験から得られる言葉をのこす。