こだわるに飽きる

こだわるに飽きる

固執した考えは、記憶に力があり、この力が失われるまで続く。これは繰り返えされ、飽き時無頓着になるときに解かれる。

ただある状態

ただある状態

日常の生活には、さまざまな問題があり。身体の隅々までその習慣が染み付いている。だから瞑想の力により、自己から解かれ無我となる。

痛みの縛り

痛みの縛り

痛みがこれほど思考を鈍らせるとは思わなかった。痛みとは、誰もが抱える問題である。それは誰も代わってあげられない。この本質を考える。